FX シストレ24とは

株価上昇 欧州 グラフィック1

インヴァスト証券のシストレ24は、ストラテジーを選ぶだけで自動売買

してくれる優れものです
。MYシストレ24で1か月、3か月、6か月、12か月、

稼働以来別に実現損益などを確認できます。

アイコンで表示されているステータスを

参考に好調連勝更新中などあり見た目にも簡単な仕様となっています。

チャートも見れます。ロウソク足で確認できます。

ここが流石にすごいのですが、自動売買なので6か月で収益率100%を超えて

いるストラテジーも結構あります。100万円分の推奨証拠金のストラテジーなら

100万円儲かっていることになります。
自動売買だからと言ってもほったらかし

では、調子を崩す場合もありますので定期的に見直しが必要です。

今度実際に取引しようと考えていますのでこのブログでも記事にできると思います。
[ 2018/08/20 11:00 ] 投資で資産を運用する | TB(0) | CM(0)

中国軍、米国や同盟国への攻撃訓練している可能性

米中関係2 バチバチ

米国防総省は16日に公表した報告書で、中国軍が近年、爆撃機の展開を拡大し、

米国や同盟国に対する「攻撃訓練を行っている可能性が高い」

との分析を明らかにした。

報告書では「中国人民解放軍は過去3年間、海上爆撃機の展開範囲

を大幅に広げ、重要な海域で飛行を重ねており、米国や同盟国の

標的に対する攻撃の訓練を行っている可能性が高い」と指摘した。

その上で、「能力の向上を示すこと以外に」中国がどのようなメッセージを

送ろうとしているのかは明らかでないとした。

ワシントンの中国大使館のコメントは現時点で取れていない。

報告書では、中国の国防費が2017年に1900億ドルを上回ったと試算し、

2028年までに2400億ドルを超えるとの見方を示した。

また、中国が宇宙開発を急速に進めていると指摘し、

「人民解放軍は宇宙の軍事化に表向きは反対しているが、

実際には宇宙での軍事力強化を続けている」とした。

トランプ政権は今月、空軍や海軍などに次ぐ6番目の軍として「宇宙軍」

を2020年までに創設する計画を明らかにしている。


アメリカ第七艦隊と中国人民解放軍が戦うことは無いとおもいますが
もし戦うことになればさすがに人民解放軍優勢でしょう
そうなると日本もただではすみません。
「人民解放軍は宇宙の軍事化に表向きは反対しているが、
実際には宇宙での軍事力強化を続けている」とあり
トランプ政権は今月、空軍や海軍などに次ぐ6番目の軍として「宇宙軍」
を2020年までに創設する計画を明らかにしている。
そうなると日本も「宇宙軍」を。。。。宇宙戦艦ヤマトを建造することに
なるわけありませんよね、以上でした。

トルコが米牧師釈放しなければ「大規模な制裁」発動

トルコ国旗

トランプ米大統領は26日、トルコがテロリズムやスパイの罪に問われている

米国人牧師を釈放しなければ同国に対し「大規模な制裁」措置

を発動すると述べた。

トルコ政府は反発しており、ともに北大西洋条約機構(NATO)

に加盟する両国間の緊張が高まっている。

焦点となっているのはトルコに20年以上在住している

米国人のアンドリュー・ブランソン牧師。

2016年のクーデター未遂事件を起こしたグループや反政府武装組織の

クルド労働者党(PKK)を支援したとして起訴され、

今月18日にトルコの裁判所が同氏の収監継続を決定している。


北大西洋条約機構とは、アメリカ合衆国を中心とした北アメリカ
(=アメリカとカナダ)およびヨーロッパ諸国によって結成された軍事同盟
のことですが、この件でFXでトルコリラを買うのをまた躊躇しそうです。
トルコリラはスワップポイントがすこぶるいいので思案していましたが
やはり見送る事になりそうです。
クルド労働者党は、クルド人の独立国家建設を目指す武装組織
ですが、PKKの当初のイデオロギーは革命的社会主義とクルド民族主義
の融合であり、クルディスタン地域における独立したマルクス・レーニン主義国家
の樹立を目指していたとあり、政治的立場は極左とありますから
社会主義よりの党みたいです。