コラムの書き方その2

<コラムにも美しさを求める>


人は、美しい文章、気品のある文体を好む人は多いです。

コラムも美しい文章で書かれていると読者をサイトにたくさん呼べます。しかし、

美しい文章を書くのはやはり簡単ではありません。それでは、美しい文章の書き方

を紹介しましょう。


『雨が上がり軒に雨粒』をこう変えると『枝に連なったガラス玉』にすると

印象が変わります。


『降っていた雨がやんだ』と『紫陽花が咲いている』を変えて

『水を含んで一層美しい紫陽花を見ては、その美しさに心がリフレッシュされます』

と詩心溢れる言葉を用いる書き方も美しい文章を書くコツです。


柔らかく、読みやすく、分かりやすい文章で書かれているコラムは読んでいても

疲れません。


文章はリズムが大切です。名文はリズムのある文章で書かれています。



<句読点と改行が適切だと読みやすい>


句読点に絶対のルールはありません。

小説は作家の書き方が優先されます。名物コラムニストも同じです。


しかし、もしもあなたがまだ駆け出しのライターならば、

サイトを訪れる人の好みを早い段階で把握することが大切です。


文章の途中で読点を打たない人もいます。こまめに読点を打つ人もいます。

句読点に関しては好みが分かれるでしょう。


雑誌や新聞を参考にして句読点の付け方を学ぶのも1つのてです。


美しい文章を書くには改行も大切です。適切な改行をしている文章は読みやすいです。

改行をしないと文字の塊に見えて読む気が失せる人もいます。


読みやすい文章の書き方を習得するためには、句読点と改行と漢字と

ひらがなのバランスが大切です。




関連記事
[ 2018/06/17 03:53 ] コラムについて特集! | TB(-) | CM(-)