クレジットカードの仕組みを説明その2

財布の中のクレジットカード

<アクワイアラ(加盟店に対してのクレジット業務)>


先ほどご紹介した「加盟店」からみて、加盟店とクレジットの利用契約をしているのが

アクワイアラです。

アクワイアラは表に出てきづらいので初耳の方もいると思いますが

加盟店の開拓を行いその結果、手数料を得ることができるのです。

イシュアとアクワイアラは最初は理解しづらいので、まとめます。

私たちが特定の店舗でクレジットカードを使ったとしましょう。

イシュアはそのカードの発行会社。アクワイアラは、その店舗が契約している

クレジットカード会社となるわけですね。

この際のイシュアとアクワイアラは、別々であることも多いですが

同一のケースもあります。


<関係図を作成>


それぞれの関係を図に表したものです。

この図は、イシュアとアクワイアラが同一であるケースであり、

一般の方にとって最もイメージが分かりやすい図です。


クレジット会社関係図

図を見てもらえば分かると思いますが、要は立替払いの仕組みです。

会員は、手持ちのお金が無くともクレジットカードで支払いをする事ができ

加盟店は,その金額をカード会社に請求します。

そしてカード会社は、指定の日時に支払うよう

改めて会員に請求&回収するのです。

クレジットカード会社は、会員に信用を与え

リスクをとって立替払いをしています。

ですから、支払いに延滞が発生すると信用が低下し

強制解約や利用制限をされる場合もあります。

そんな事にならない様、銀行口座の残高を確認して

支払いの延滞には気をつけましょう。
関連記事
[ 2018/06/21 01:39 ] クレジットカード特集 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://test411.jp/tb.php/24-14a4079a