クレジットカードの仕組みを説明その5


<加盟店はどこから利益を得ているのか>

カード会社が利益を得る仕組みは簡単に理解できたと思いますが、

盟店はどうでしょう。

カード会社に手数料を取られてしまったり、その場ですぐに現金が手に入らな

かったりで、良い事など全く無さそうに見えます。

しかし、実は加盟店にとっても、クレジットカードを利用可能にすることにより、

目には見えないたくさんのメリットがあるのです。

<販売機会損失の回避>

消費者の欲しいもの(またはサービス)があった時に、手持ちの現金がなくても

購入できるのがクレジットカードのメリット
ですもちろん使い過ぎには注意です。

現金が足りずに購入する事ができない場合でも、カードを1枚持ってさえいれば、

立て替え払いで購入できてしまいます。

しかも、ほとんどのクレジットカードが一括払いの他に、分割払い・リボ払いが選べる

ので、支出の波を穏やかにする事も可能です。

「消費者が欲しい商品をすぐ買える」という事は、加盟店側からすれば、販売の機会を

逃さないという事
になります。

つまり機会損失を回避する事に繋がり、売り上げもアップするのです。

また、現金を必要としなくても買い物ができるので、気が大きくなり、消費金額が

上がる効果
もあります。

ここでは具体的な数値は避けますが、VISAの加盟店向け資料によれば、

多くの実際の調査で証明されています。このこともまた、売り上げアップに一役

買っていますね。

<お金の管理費の軽減>


実は、お金を管理するのは非常に大変なもの。

お金の移動等の取り扱いには危険も伴いますので、たくさんの現金を扱う店舗では、

警備会社に依頼しなくてはなりません。

また、レジに多額の現金を置いておく事は、防犯上の問題もあります。

クレジットカードが使用できれば、レジに多額の現金が存在する可能性も下がります。

現金自体のやり取りが少なくなるため、つり銭の受け渡しミスの絶対数も減少、

さらにはお金を数えるコストも減少します。

また、現金が減れば、従業員の不正もしにくくなります。

とどのつまりお金の管理費が浮くというメリットがあるのです。

<回転率の向上>

一般的な加盟店ではそれほどの恩恵を受けないかもしれませんが、利用者が多い加盟店では

クレジットカードの決済速度の速さが、回転率向上に大きな影響を及ぼします。

例えばスーパー、小銭を探したり、おつりの受け渡しに手間のかかる

現金よりも、クレジットカード利用客の方が圧倒的に早く決済ができます。

これが加盟店にとっては大きなメリットとなり、間接的に収益に結びつきます。

また、行列の待ち時間が早くなれば、顧客満足度にも影響します。

マイルやポイントを貯めている人や、出費をできる限り一本化したい人、クレジットカードを

家計簿がわりにしている人
、クレジットヒストリーを付けたい方に、その様な考えは

多いようです。

そういった人達にも利用してもらえるメリットと同時に、クレジットカードが使えると

いうだけでも、使えない店と比較して差別化を図れます。

今日では、クレジットカードを使える方が当然な時代になってきていますので、

使えない事による顧客満足度の低下の方がデメリットと言えるでしょう。
関連記事
[ 2018/06/21 02:45 ] クレジットカード特集 | TB(-) | CM(-)