ロングテール検索のアクセスを劇的に向上させるその3


記事を読む前に応援クリックをいただけると
とても嬉しいです!


人気ブログランキング

線1


<ビッグワード検索の底上げをする事>



こうしたロングテールのコンテンツをたくさん作成することで、

ビッグワード編成のトップページや、

サイト全体の価値を高めることもできます。


SEOでは「wikipedia要因」と呼ばれる現象があります。

これはウィキペディアの各ページが、

バックリンクをまったく得ていないにもかかわらず、

検索エンジンで上位表示されることが由来してつけられた現象名です。


ここで重要になるのは、各々のページは独立しておらず、

そのドメイン全体での良質なバックリンク

良質なコンテンツの総量によって、

各ページが上位表示へと底上げされているということです。


リンクポピュラリティー(被リンク総数による人気)は、

サイト全体のページ同士で相互に依存しあって成立している節があります。


ですので、クオリティーの高いページをたくさん作ることで、

単体のビッグワード検索(特にトップページ)でも、

どんどん上位表示でひっかかるようになる可能性があります。




このバナーから無料で登録できます
関連記事
[ 2018/06/30 07:42 ] 検索エンジン、SEO対策について | TB(-) | CM(-)