MRFとMMFについて語る


記事を読む前に応援クリックをいただけると
とても嬉しいです!


人気ブログランキング

線1


証券会社で扱われている基本的な金融商品、

MRFMMFについて説明しています。


どちらもファンド(投資信託)ですが、

ファンドの中でも毎日分配型という、特殊な位置づけになっています。


どちらも類似した金融商品ですが、

銀行で言えばMRFは普通預金MMFは定期預金になります。


なので換金性重視ならMRF、利回り重視ならMMFというのが、

ひとつの基準です。


どちらもそこまで魅力的な金融商品ではありませんが、

投資をする以上、証券口座にお金を入金するだけで、

タンス預金するよりはいいのではと思います。


<MRFとは何か>



MRFはマネー・リザーブ・ファンド(Money Reserve Fund)の略です。

証券口座に入金すると、自動的にこのMRFで運用されます。


「証券口座の預金=MRF」という認識でOKです。

普段は特に意識されないし、また意識する必要もありません。


安全性の高い債券を中心に運用されており、

いままで元本割れしたことはありません。


自動運用なので売買手数料は一切無料。

ペナルティーもなく、1円単位でいつでも入出金ができます。

MRF運用されていても、株や投信など、

なにか金融商品を買いたいときは、すぐに証券口座のお金を使うことができます。

代表的なMRFにはダイワMRF、日興MRF、

野村MRF、三菱MRFなどがあります。


これは楽天証券やマネックス証券でも取り扱われています。

各社とも同じレベルですが例えば野村証券のMRF運用

は現在年利0%なので


お得感はありませんが、将来金利が昔に戻ってくる可能性

もありますので、覚えていても損はないでしょう。



MMFとは何か>


MMFはマネー・マネジメント・ファンド(Money Management Fund)の略です。

こちらもMRF同様、安全性の高い債券で運用されています。


mrf1


特に手続きいらずで自動的に運用されるMRFとは違い、

MMFを利用するには申し込む必要があります。


また、あずけてから30日未満でMMFを解約すると、

1万口につき10円(0.1%)の手数料(信託財産留保額)がかかります。


30日以上あずければ、あとはMRF同様、手数料なしで

銀行口座同様の出金ができます。


外貨MMFもありますが、こちらは為替レートの影響をうけます。

またMMFには、2001年に一度だけ、元金割れがおきたもの

ありますので、注意が必要です。




このバナーから無料で登録できます
関連記事
[ 2018/06/30 19:59 ] 投資で資産を運用する | TB(-) | CM(-)