貸借対照表について

ビジネスマンと上昇グラフ

貸借対照表(通称バランスシート・B/S)を見ることで

その会社のお金の状態を把握することができます。

<貸借対照表の分析に入るまえに>

まず大前提として重要なことは、会社の活動資金である「資産」というのは

すべてどこかから借りてきたお金である、ということです。

そのお金を借りてくる元手は、ふたつあります。

ひとつが「負債」で、もうひとつが「資本」です。

ですので、かならず以下のようになります。

資産=負債+資本

負債というのは、私達が借金やローンをくむときと同じものです。

会社もどこかからお金を借りるときには

金利をつけてあとで貸主に返済します。

いっぽう資本は、私達投資家が株を買うことによって

会社が得たお金です。

500円の株を1万株発行してすべて売れれば

その会社はそのまま500万円の資本を手にいれることになります。

資本=株、負債=債券という捉えかたでもいいでしょう。

資本も厳密には、私達投資家からお金を借りている状態ですので

借金の部類です。

ただし負債と資本には、以下のような違いがあります。

<会社の借金の種類>

貸借対照表

負債は借りるのが楽なかわりに、稼ぎの大小にかかわらず

会社は融資機関に金利をはらいつづけ、最終的に借金を完済する必要があります。

いっぽう資本は借りる敷居が高いです。

そのかわり、稼げていなければ返済の義務がありません。

会社が稼げているときだけ、会社は投資家たちに

配当金などの形で還元します。

こうした違いから、しばしば資本を自己資本

負債を他人資本と呼んで区別します。

また、資本を純資産とも呼び、資本+負債を総資産(総資本)とも呼びます。

資産・純資産・総資産を混同しないように、気をつけましょう。

それぞれ意味が、まったく異なってきます。

<実際の貸借対照表のとは>

資産=負債+資本ですので、資産の合計と負債・資本の合計は

かならず同じになります。

これが、貸借対照表がバランスシートと呼ばれる理由でもあります。

右側(負債+資本)  会社がどのようにお金を調達しているかの内訳

左側(資産)  会社がその調達したお金を現在どのような形で所有

しているかの内訳

特に資産と負債では、大きく流動か固定かという違いがあります。

これは簡単に言えば、すぐに動かせるお金(流動)か

すぐに動かすことのできないお金(固定)かの違いです。

<資産の部・用語説明>

流動負債  1年以内に返さなければならない借金。買掛金、未払金、未払印税

短期借入金などの項目が該当する。

買掛金  すでに商品を買っているが、まだお金を支払っていない状態の負債。

固定負債  1年以上先に支払う借金。連結調整勘定、社債、

長期借入金、預り保証金などの項目が該当する。


連結調整勘定  会社が他の会社を買収するときその会社を高く評価し

相場(純資産)より高く買った場合のその差額。


<資本の部・用語説明>

資本剰余金  株によって得られたお金(資本金)から

いざというときのために引きぬかれた資本。

利益剰余金  企業が稼いだお金から、いざというときのために引きぬかれた資本。


応援クリックをいただけると
とても嬉しいです!


金融・投資ランキング
関連記事
[ 2018/07/19 21:00 ] 投資で資産を運用する | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://test411.jp/tb.php/48-b60f5cc5