米国株式市場は下落

ドルイメージ

米国株式市場は下落して取引を終えた。企業決算が失望を誘ったほか

欧州連合(EU)が米国からの輸入品に報復関税を課す可能性に懸念が広がった。

電子商取引大手イーベイ(EBAY.O)は、さえない決算を受けて10.1%安となり

株価指数を圧迫した。

クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)(AXP.N)

は2.7%安。四半期決算で、ポイント還元プログラムに関連した

支出が拡大したと明らかにした。

セクター別では、S&P金融指数(.SPSY)が1.4%安と下げが目立った。

バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)(BK.N)は5.2%安。

2顧客を失ったことで、向こう数四半期にわたって影響が及ぶとの見通しを示した。

損害保険大手トラベラーズ(TRV.N)は3.7%安。米一部地域の悪天候に伴う損失で

第2・四半期の利益は予想を下回った。

IBM(IBM.N)は3.3%高。前日発表した第2・四半期決算は

新規事業が寄与し、市場予想を上回った。

ケーブルテレビ大手コムキャスト(CMCSA.O)は2.6%高。

同社は、メディア大手21世紀フォックス(FOXA.O)の娯楽資産買収

を断念すると発表した。

今後は英放送局スカイ(SKYB.L)買収に注力するという。

主要3指数は下落したが、ニューヨーク証券取引所では

値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.37対1の比率で上回った。

ナスダックでも1.17対1で値上がり銘柄数が多かった。

S&P500構成銘柄をみると、24銘柄が52週高値を更新。

3銘柄が新安値を付けた。


S&P500とは、米国投資情報社「スタンダード・アンド・プアーズ社(S&P)」
が算出している。米国の代表的な株価指数で、ニューヨーク/アメリカン
証券取引所NASDAQに上場している。
代表的な500銘柄の株価を基に算出される、時価総額加重平均型の株価指数です。
日本でいえばTOPIXみたいな感じです。
アメリカン・エキスプレス(アメックス)がポイント還元プログラム
に関連した支出が拡大した?
私はポイント還元でベンツやアルマーニのスーツ
をまだもらっていないのにというのに
というわけで?アメリカン・エキスプレスの株を
持っているわけではないのですが...........
S&P500の構成銘柄にはアップルやマイクロソフト、Facebookなどの
有名ハイテク企業が名を連ねています。
関連記事
[ 2018/07/20 21:45 ] masaのつれづれ日記 β版 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://test411.jp/tb.php/66-d323ac6b