権利確定日とは何か

成長ビジネス イメージ1

権利確定日とは、配当金と株主優待をもらえる権利が決まる日のことです。

正確には、権利確定日の3営業日前である権利付最終売買日

(権利付き最終日)が重要になります。

極端な話が、権利付き最終日に株を買い

その1営業日後の「権利落ち日」に株を売ってしまっても

その期間の配当金と株主優待は確定しています。

正確に言えば、権利付き最終日が年に1回なら1年分の配当金と株主優待が

年に2回なら、半年ぶんの配当金と株主優待が確定します。

多くの権利確定日は、31日に設定されています。

<31日が金曜の場合>

28日(火) 権利付き最終日

29日(水) 権利落ち日

30日(木)

31日(金) 権利確定日

<31日が火曜の場合>

26日(木) 権利付き最終日

27日(金) 権利落ち日

28日(土)

29日(日)

30日(月)

31日(火)

31日(火) 権利確定日

権利付き最終日は、権利確定日の3営業日前であることに注意します。

非営業日、つまり土日や祝日は、この3営業日からのぞくことになります。

<1日だけ株を持って配当金や優待はもらえるか?>

ここまでくるとみんな考えることは短期間だけ株を持っていて

配当金をゲットしその後は、すべて株を売ってしまおうと考えるはずです。


もちろん可能なのですが、権利落ち日になると株価が一気にさがることが多いです。

なのでキャピタルロスの売却差損となり

配当金・株主優待の利益と相殺するどころか

全体的に損になる可能性すらあるわけです。

多くの企業では、投資家の配当金・優待目的で

権利確定日が近づくにつれ、株価があがっていきます。

ですので権利確定日の直前ギリギリの株より、2か月程度前の株であれば

株価があがってしまう前に買いやすくなります。

またこうした意表をついて、権利付き最終日の直前に株を売ってしまい

キャピタルゲインとして差益を確定して稼ぐ方法もあります。

もちろんこの場合、配当金・株主優待はもらえません。
関連記事
[ 2018/07/25 21:29 ] 投資で資産を運用する | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://test411.jp/tb.php/74-c8d62032