株価の値幅制限と制限値幅について

投資のイメージ

値幅制限とは、株価が1日に変動できる範囲のことです。

急激な株価の乱高下をふせぐために設定されています。

また、実際に値幅制限に設定されている基準の数字を制限値幅と言います。

値幅制限と混同しないようにしましょう。

基準価格(前日の終値)  制限される上下の値幅   

 700円以上~1000円未満   150円
1000円以上~1500円未満   300円
1500円以上~2000円未満   400円
2000円以上~3000円未満   500円
3000円以上~5000円未満   700円
5000円以上~7000円未満   1000円
7000円以上~10000円未満  1500円
10000円以上~15000円未満 3000円
15000円以上~20000円未満 4000円
20000円以上~30000円未満 5000円
30000円以上~50000円未満 7000円

たとえば1株1200円の株なら制限値幅が300円なので、その日に変動できる

株価(値幅制限)は900円~1500円ということになります。

このとき1500円の限界まで株価があがることをストップ高

900円の限界まで株価がさがることをストップ安と言います。

なお、制限値幅は年々変更されています。

<呼び値>

1株の値段          呼び値(通常銘柄)

1000円越え~3000円以下    1円        
3000円越え~5000円以下    5円
5000円越え~10000円以下   10円
10000円越え~30000円以下  10円
30000円越え~50000円以下  50円
50000円越え~100000円以下 100円
100000円越え~300000円以下100円
300000円越え~500000円以下500円

たとえば株価が3500円であれば、呼び値単位は5円なので

株価は最低でも3495円、3505円に推移します。

3503円になったりは、しないわけです。

もちろん株を注文するさいも、この規則に従った価格でしか注文することができません。

<制限値幅と呼び値単位の注意>

制限値幅は呼び値単位によっては、実際の値幅よりも

多少大きく推移することがあります。

たとえば株価2999円の株式であれば、制限値幅は500円ですから、

ともに考えればストップ高は3499円です。

しかし3000円代の呼び値単位は5円ですので

3499円という株価は設定できません。

この場合くりあげとなって、結果的に501円を制限値幅

とする3500円がストップ高となります。
関連記事
[ 2018/07/25 21:00 ] 投資で資産を運用する | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://test411.jp/tb.php/75-497d856f